クレンジングは「丁寧に、でも素早く」が基礎

いかなるジャンルのクレンジング剤を扱うにせよ、最も大切なのはクレンジング剤をメイクにとことんなじませ、ふやかして減らすようにする定義です。力を入れずに指先でくるくると優しくなじませて下さい。

しかしタームのかけすぎは別効果です。クレンジング剤は肌にとって容易いものではないので、必要以上の時間をかけると乾燥や肌荒れの引き金になる。すすぎまでを含め、約1分以内で断ち切るように心掛けましょう。

クレンジングは丁寧に、素早く行うことが大切なのです。

ふさわしい無くし方をおさらい

アイメイクやポイントメイクは先に洗い流す定義

ひときわ落ちにくいメイクは、アイメイクです。積み増し組み込みしたマスカラやウォータープルーフのアイライナーなど、落ちにくい構成がある結果、本文と一緒のクレンジングでは落ち切らない場合があります。単に目のあたりは皮膚が極めて低くデリケート。毎度一概に落とさないと目のあたりが老け込む引き金に。

落ちにくい口紅を塗った口元も一緒です。専用のクレンジング剤を使って先に落としておきましょう。

クレンジング剤が少なすぎるのは論外

分量が少ないとスレが大きくなり、肌を痛めつける原因になります。適切な使用量を続けることがポイント。指の腹などでさっと温めてから使用すると、メイクしみが落ち易くなります。

クレンジング剤をのせるのはTゾーンから

風貌の皮膚の取り分け、そこそこ皮膚の硬いTゾーンからクレンジング剤をのせていきましょう。Tゾーンの次に頬などのUポイントへと伸ばしていきます。
力を入れ過ぎない

クレンジング剤をのせて指で優しく伸ばし、指先をすべらせるようにしながらクレンジング剤とメイクをなじませていきます。

力を入れ過ぎず、優しくなじませましょう。力を入れてゴシゴシ擦ると隈階層にけががつき、肌荒れを導く原因になります。
ぬるま湯で十分に流す

すすぐ際はぬるま湯をつぎ込み、早くすすぎましょう。お湯が熱すぎると肌が乾燥しやすくなり、また刺々しい水だと油が落ちきりません。クレンジング剤が残らないように、徹底的にすすぎましょう。

クレンジングは、肌の1日の疲弊をリセットする大切な運営です。明日の美肌を育て上げる結果と思って、面倒くさがらずに丁寧に行いましょう。www.duo-the-cleansingbalm.com