山梨県は、全国的に見ても性病は少ない地域です。

 

しかし、地方の風俗事情があり、風俗店で働く女の子が性病を持っている可能性は高く、気を付けないといけません。

 

今回は、甲府市の

  • 風俗事情
  • 風俗でかかる感染症とその症状
  • 検査をする際のクリニックの選び方から検査に関する素朴な疑問
  • 身バレを防ぐ裏技の郵送検査

まで解説していきたいと思います。

甲府市の性病の感染動向

甲府市がある山梨県で性病の一つで届け出義務がある梅毒の患者数は2016年が8名、2017名が9名となっています。

 

これは、全国的に見ると非常に少ない数字です。つまり、山梨県では新規の性病の流入が少ない地域といえます。

 

しかし、油断はできません。 

 

甲府市の風俗は身バレを防ぐために東京から出稼ぎに来ている風俗嬢がいます。(地方で〇〇東京とかついている女の子が可愛い店舗は、大体そういう出稼ぎ女子が多い店舗です。)

 

その子がもし性病と知らずに甲府市で働いているという可能性は十分にあります。

 

甲府市は、性病が少ないと思われる地域ですが、風俗で遊ぶ以上は、きちんと性病に気を付ける必要があります。

地方都市だから大丈夫!は大嘘

「性病が広がっていない地方の風俗だから安心?」は、大きな間違いです。

 

地方風俗は、東京で身バレを防ぐために出稼ぎで風俗で働く女の子が多いです。

 

地方でも足を伸ばさずに、かわいい女の子と遊べるので、地方民にとっては非常にありがたい話です。

 

しかし、性病が数千人発生している東京の風俗で働いている女の子が、性病だと気づかずに地方に出稼ぎに来てしまうがために、地方で性病は増えていると考えると注意するにこしたことがありません。

 

ソープ・ヘルスでかかる性病とは

 

淋菌感染症

淋菌という菌が引き起こす病気です。

 

男性では尿道炎(尿の出始めの痛み、陰茎の尿道口からの黄色で粘い膿)を引き起こします。

 

潜伏期間(風俗にいってからから症状が出るまでの期間)は2~7日です。

 

上腹部まで感染が進展すると肝臓周囲炎を起こし、激烈な上腹部痛を起こすこともあります。

 

治療には抗生物質が用いられ、病院で出される経口のお薬で尿道炎は治る場合が多いのですが、腹膜炎になると入院して治療が必要となる場合があります。

 

クラミジア感染症

クラミジア・トラコマティスという菌が引き起こす病気です。

 

淋菌感染症とよく似た部位に感染します。

 

潜伏期間は1~3週間です。

 

男性の場合、尿道炎でも症状は淋病に比べると弱く、約半数が気付かないまま保菌しています。尿道よりも深部の精巣上体炎(陰嚢が腫れて痛くなる)で発症することもあります。

 

治療は、深部に感染が至っていなければ、抗菌薬の内服で治すことができますが、精巣上体炎や腹膜炎では、かなり長期の投薬が必要です。

 

ヘルペス感染症

単純ヘルペスウイルスは、一般的には口唇や口腔内に水疱・潰瘍をきたします。風俗で感染した場合は、陰茎に傷がついて、その傷からウイルス感染をきたすので亀頭などに発症することが多いです。

 

潜伏期は3日から5日程度です。

 

口唇ヘルペスは、キスをすればうつる可能性はありますが、フェラチオが原因ではありません。

 

ヘルペスウイルス感染症は、ズキズキではなく、ピリピリした神経の痛みが特徴で、治っても再発を繰り返します。

 

再発の原因は、ストレス、過労や睡眠不足などの免疫が低下したときにおこります。

 

治療には抗ウイルス薬の投与が行われます。

 

梅毒

口唇・口腔内にも梅毒病変ができることがあり、梅毒トレポネーマという菌がセックスによって、性器に病変を作ります。

 

梅毒は、潜伏期間がほかの性行為感染症と違い長く、痛みなどの自覚症状が少ないという特徴があります。

 

性行為後、約3週間の潜伏期を経て男性では陰茎亀頭部やその上の包皮に初期硬結という痛みのない硬い病変ができ、次第に崩れ、硬性下疳(こうせいかかん)と呼ばれる痛みのない皮膚のただれになります。

 

痛みがないことがヘルペス感染症と見極めるポイントでもあります。

 

梅毒の初期病変は、2週間程度で自然に良くなりますが、病気が治ったわけではありません。

 

そのあと、梅毒は全身で増殖し、全身の感染症になります。

 

約3か月後にはⅡ期病変と呼ばれる手のひら・足の裏を中心に発疹が現れ、全身に進んでいきます。治療には抗菌薬投与が4週間必要になります。

 

B型肝炎

国を相手取った訴訟でおなじみB型肝炎は、以前は予防接種時の注射器の使いまわしから大量の患者を生んでしましました。

 

今は、注射器の使いまわしのようなことをしている医療機関はないのでそっち方面からの感染はないですが、そっちのイメージが先行しすぎて性病だと認識されている方は少ない病気です。

 

B型肝炎は、血液などを介してセックスでも感染する病気です。

 

B型肝炎ウイルスは、肝硬変や肝がんの原因にもなりますので、性病が疑われた場合は検査する必要があります。

 

HIV

HIV感染症、AIDSの原因となるHIVウイルスは血液・精液・膣分泌液・母乳に含まれています。

 

つまり、唾液には含まれていませんので、高級店の生フェラで感染することはありません。

 

高級店のゴム無し生でのプレイは、高級店の醍醐味ですが気になる方は、控えたほうがいいでしょう。

 

HIVは治療が劇的に進歩しており、HIVはウイルス量がきちんとコントロールされていれば感染する可能性がほとんどないことは、風俗で遊ぶ以上知っておいてほしいと思います。

 

病院で性病検査を受けることに関するQ&A

 

病院での性病検査の価格はどれくらいかかる?

病院で検査をする場合、基本は保険適応です。

 

病院で検査をする場合、保険適応で検査することができますが、近年医療費の高騰が社会問題となっていて症状のない本人希望の性病検査なら自費という病院もごくまれにあります。

 

また、詳しく知りたいのに尿検査と抗生剤だけ処方されて治療終了など、ご自身が満足がいく性病検査ができるかは先生の判断によるところが大きいです。

 

病院での性病検査の一例(注:医療機関の医師の判断で大きく異なります。)
  • 初診料 2820円
  • 尿検査料 2100円
  • クラミジア・淋菌PCR法 2860円
  • 梅毒 採血検査 530円
  • HIVウイルス検査 1270円

3割負担の場合 約3000円くらいかかる計算になります。

 

また、結果を聞きにいくのにまた予約を取る必要があったり、待ち時間が長い、友人にばれるなどなど面倒も多いです。

 

結果はすぐわかる?

性病検査のほとんどは外注検査になっていて気になるのにすぐにわかりません。

 

検査によって結果が病院に返ってくる期間は異なりますが、先生からは一週間後に来てと言われることが多いです。

 

性病だとしたらどんな治療になる?

・性病だと診断された場合、淋病、クラミジアなら1週間、梅毒なら4週間の抗生物質の内服が必要になります。

 

HIVは特殊な治療のために専門の医療機関の受診となります。

 

病院を選ぶポイント

 

知り合いに会わないか?

泌尿器科は、前立腺肥大などで中年以降の男性と膀胱炎は若い女性からお年寄りまでかなり幅広い年齢層の患者さんが来られます。

 

つまり、性病が気になるから近くの泌尿器科へ行くは正解ですが、情報が一瞬で広がる地方では危険です。

 

下手したら1日300人来る開業医とかもありますので、身バレのリスクは実は地方ほど高いです。

 

先生は同性か?

性病の場合何か症状があれば、性器を先生に見せなければなりません。

 

その時に、異性の先生に見せるのは少し恥ずかしくないですか?出来るだけ同性の先生がされている病院に通ったほうがいいでしょう。

 

予約はできるか?

予約診療ができるか?は身バレを防ぐためにもきちんと確認しておきましょう。

 

予約診療製であれば、飛び込みの緊急の患者さんを除いては前後の患者さんしかいません。

 

ので身バレのリスクを下げることができます。

性病検査できる病院一覧

クリニック名

住所

電話番号

営業時間平日

土曜

休日

予約の有無

医師の性別

医療法人静正会 三井クリニック

甲府市塩部3-16-33

055-251-0200

9:30~16:00

9:30~12:00

木、日

医療法人社団すずき会 鈴木・野村泌尿器科クリニック

甲府市塩部1丁目11-12

055-251-7811

9:00~17:30

9:00~12:00

日、祝

医療法人社団すずき会 すずきネフロクリニック

甲府市塩部1丁目10-6

055-252-3811

8:30~17:00

8:30~17:00

日曜

独立行政法人国立病院機構 甲府病院

甲府市天神町11-35

055-253-6131

8:30~11:00

土~日・祝

公益社団法人山梨勤労者医療協会 甲府共立病院

甲府市宝1丁目9-1

055-226-3131

8:30~11:00

土~日・祝

市立甲府病院

甲府市増坪町366

055-244-1111

8:30~11:00

土~日・祝

地方独立行政法人山梨県立病院機構 山梨県立中央病院

甲府市富士見1丁目1-1

055-253-7111

8:30~11:00

土~日・祝

甲府メンズメディカルクリニック

甲府市相生2-5-3 102

050-1033-8926

12:00~22:00

12:00~22:00

公益社団法人山梨勤労者医療協会 甲府共立診療所

甲府市宝1丁目10-5

055-221-1000

8:30~15:30

8:30~11:00

日・祝

やぶさき泌尿器クリニック

甲府市下石田2丁目16-6

055-227-1212

9:00~17:30

9:00~12:00

水・日・祝

匿名かつスピーディな郵送検査

身バレのリスクがあり、予約制の病院も少ない、性病が流行していない地域で性病を診断したことがある医師が少ない地方では、診断が遅れる可能性も少なくはありません。

 

しかし、茨城県から予約ができてプライバシーが確保できる専門の施設のある東京までは少し遠い。そういう方にはSTD Checkerで検査をするという方法も一つです。

 

STD Checkerで検査できる方法は、医療機関で行われている検査方法と同等で約1週間で結果がわかります。

 

病院で検査をしてもらうほうが、STD Checkrで検査するよりも健康保険がきく分割安になりますが、病院は長い時間待たされる、身バレしてしまう可能性がゼロではないことなどを含めるとプライバシーが保たれるSTD Checkerのほうが魅力的に感じられる方も多いと思います。

 

万が一、STD Checkerで性病検査が陽性になった場合は、全国43000の医療機関にSTD Checkerの検査結果を持っていけば治療を開始できますので、安心です。

 

少しの違和感でも早期検査を

性病は、自覚症状が出る病気と出にくい病気、梅毒のようにしこりなどができるけれども痛みがなく、そのまま放置していたら自然に消えたために数か月後に全身にぶつぶつが出てきたとかそういう悲しい話を風俗界隈ではよく聞きます。

 

また、性病が原因でパートナーに風俗に行っていることがばれるのは地獄です。

 

是非、些細な違和感を感じたら、早期検査をすることで性病を早く治療して、良い風俗ライフを過ごしてください。